大嫌いなわたし、傷つけてごめん。

自分のことを愛せるように、もういじめないようにするためのアクションを起こしたくて始めました。・完璧主義者・むちゃ食い症候群・自信喪失による外出恐怖症

人生初の入院②

こんにちは

Can.です


前回の続きです😃


入院期間は2週間だったのですが、最初の1週間は゛保護室゛での生活でした


゛保護室゛は、何も持ち込むことはできないし、靴を履くのもだめ

外側から鍵をかけられ、飲み物や食べ物も、自由に摂ることはできませんでした

さらに、入院することになった当日は、一切その部屋から出ることを許されませんでした


トイレと敷き布団があるだけの、ガランと寂しい部屋で、ただずーーーっと「なんでわたしはここにいるんだろう」「これからのこと考えるといってもなー」なんてぐるぐる思考を巡らせ

気づいたら寝てて、お昼になって、食べて、考えての繰り返しでした


けど、夕食のとき、ある女性の看護師さんがわたしと話してくれました

どうして入院なったの?って

「学校の先生から期待されてるんだから、頑張らないと。なのにできないなんで情けない、わたしなんてどうせ才能がない」

気づいたらそんな思考回路でリスカして

さらにストレスになって過食して、、

とか、恋人、家族、そのときの覚えてる限りを伝えました

そのとき

「ダメだって自分を傷つけるほどの勇気、わたしにはないなぁ...。でも、期待されてるなんて、すごいじゃん!そういうデザイナーは、見る目あると思う。そんな人から期待されるんだから、自信もちなね。とりあえず学校では、その人が好きそうなデザイン適当にやって、就職してから゛あなたらしさ゛を表現すればいいのよ!」

と、言ってもらいました

そこで、改めて「あー、自分は本当に自信がないんだなー。周りから好かれたくて、周りに合わせすぎて、自分っていうものがないんだなー。だからしんどいのかなー。それから、わたしって、くそ真面目やなー。もっと楽に生きたい」

と思いました

そして、そんな話してるときでも゛保護室゛だけあって、奇声やひとりごと、足音が時々聞こえておりました😌


それから次の日からは、9:00~16:00までホール(ナースステーションとかある場所)に出てもOKになり、とりあえず暇なので出てみることに

でも、結局何も暇潰しのものがなく

ただソファーで外を眺めていました


3日目、16:00になったので、部屋に帰るというとき、ある看護師さんから

「保護室早く出たいとかある?」

と聞かれました

「別に、、正直なところ、どっちでもいいです」

そんなわたしに看護師さんはとてもびっくりしていました

何でここにいるかもまだ整理できてないのに、部屋のことなんか考えてもいませんでした笑


それから4~5日目には9:00~21:00までホールに出てもOKになり、お金ももらったので(ロッカーにあった)暇潰し用にシャーペンとノートを買い

ただひたすら思考の整理や絵を描いてました


それくらいから、わたしは、ある男性の患者さんと仲良くなったり、大熱だしたりしますがまた長くなるので明日書きますね✏️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。